住宅ローンの
借り換えを
申請する

住宅ローンの借り換えを申し込む

住宅ローンの負担が重すぎて、返済が苦しい・・という人は、今より金利の低いところで、住宅ローンの借り換えを検討してみるといいんじゃないでしょうか。ただ住宅ローンの借り換えは、新規で住宅ローンを申し込む時と同様に審査があるため、それに通らなければ借り換えはできませんが・・。

住宅ローンの借り換え審査の対象になるのは、年収や勤続年数、延滞歴などで、新規で借りる場合よりも審査内容は厳しいようです。 ということは、いくら自分が望んでも、審査内容で引っ掛かれば、借り換えが不可能になってしまうってことですよね。 もし住宅ローンの借り換えを考えているなら、住宅ローン審査で引っかからないかどうか、住宅ローン借り換え比較などで事前チェックしておく必要がありますね。

住宅ローンの借り換え審査の場合、お金を借りる人に対しての審査は新規で借りる時よりも厳しくなるようですが、物件に対する審査は緩めなんだとか。 新規で住宅ローンを借りることができたんだから、借り換えだって何も心配はいらない・・と思っていたら大間違いなんですね。

借り換えをするなら、住宅ローンの借り換え審査の情報などをネットで収集して、審査に通りそうかどうか考えてから申し込まないとね。 年収や勤続年数などは特に新規よりも厳しくなるそうだから、その点もちゃんと認識しておいた方がよさそうですね。 それから返済比率についても、余裕を持って返せる返済計画が求められるそうなので、新規で借りた時より収入がアップしていないと、借り換えによって逆に生活が圧迫されることになってしまうかもしれません。

金利が低いところに借り換えれば、ローンの負担が減り、ラクになるとは、一概には言いきれないってことですね。 住宅ローンの借り換え審査でも、例えばこの銀行ではダメだったけど、この銀行ではOKなんてことも実際にはありうるし・・。 住宅ローンの審査って、最終的にはその人に対する総合的な評価によってくだされるものだから、条件に満たないからといって、審査も受けずに諦めてしまうのはもったいないかも。 住宅ローンを借り換えたいなら、まず銀行の窓口などで相談してみるといいんじゃないかな。 そこで、審査項目となる年収やら勤続年数などを伝えてみて、審査に通りそうかどうかを聞いておくといいかもしれませんね。 もし借り換えの審査に通りそうにないなら、どこが審査に引っかかる一番のポイントなのかを、ちゃんと教えてもらっておくことも大事ですよね。

住宅ローン借り換えで損しないために

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行機関からお金を借りて、現在借入中の銀行に返済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても大丈夫です。

ただ、借り換えメリットがあるから借り換えを行うわけです。

では、どんな時期に借り換えをすると良いのでしょうか。

正直な話、ベストな時期は誰にもわかりません。

また、住宅ローン金利は予測ができないので借り換えを行うべストな時期というものはなくそのため、借り換えの時期とよく言われているのが借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。

住宅ローンを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

例としては、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本や利息が少なくなっていきます。

結果として総支払額が短縮されたり、その期間の利息分総支払額が低くなります。

そのため、手続きをネットで気軽に行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときも同様の部分をチェックしてください。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんがそうすると毎月の返済額が高くなるのが悩みどころです。

そのため、ローンの総返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを行う人もいます。

よく「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている方もいるようですが審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額が借りられないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えていて落ちることがあります。

年収や職場に変更がなくてもこういった面で引っかかることがあります。

夢のマイホームを購入する時、大半の人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月のローンの返済が多くて大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に検討するのが住宅ローン借り換えをして利息を減らすことです。

ただ、借り換えメリットを享受するためには今借りているローンよりも金利が低く設定されている必要があります。

判断基準となるメリットの計算方法に関しては各銀行でシミュレーションを用意しているので参考にしてください。

確認する際に気をつけることとして、シミュレーションをしたところ30万円くらい利息が少なくなるから借り換えようと思うと登記などの経費が発生して総額がそんなに変わらなかったということもあります。

今の借りているローンの金利よりも金利を低くするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換えを行う際にはいくつか注意点があります。

全ての人に当てはまるのが借り換えを行うメリット・デメリットをしっかりと把握することです。

例えば、月々の返済額を抑えられることなどがメリットして挙げられますがローンの借り換えとは今とは違う別の機関で住宅ローンを組むことなのでローンの申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった面も含めて総合的に考える必要があります。

仮に、借り換えを行うのを決めた場合では、借り換え先は保証料がないローンなのか、繰上げ返済が簡単かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

住宅ローン借り換えのメリットは?【ランキングでおすすめ銀行は?】

住宅ローン借り換えについて調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ出来ないかというと、住宅ローンという制度は自身が住むための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他のローンなどを探しても借り換え前よりも良い条件のローンは基本的に見つからないと思います。

他にも離婚で別居する際なども同じことが言えます。

毎月のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は別の保険に加入することもできます。

もし、継続するとしても保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金を受け取るには、保険金額が適切な金額で設定されている必要があるからです。

借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

1度組んだ住宅ローンを別のローンにする住宅ローン借り換えですが1度審査に通ったから借り換え審査も大丈夫と楽観的な人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちる場合もあるんです。

職場や年収に変更がなければほぼ審査に通りますが転職して全然違う職種になっている、年収が下がっている場合は要注意です。

特に年収が変わっていなくても最初の住宅ローンの申請時は新築扱いだった物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他にはカードローンを利用しているなど別のローンを複数抱えている場合です。

この場合は以前よりも年収に対してローン返済額が増えているので審査で引っかかる可能性があります。

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換え手続きに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる土地公図などの書類になります。

勤務先で取得する書類に関しては比較的見慣れていると思いますが登記簿謄本や売買契約書などは普段見慣れないものです。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合は別の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

最近、インターネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が発生するかというと最初にローンを契約した時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に夫の単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務の借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や銀行機関に相談してください。

相談した結果、不動産登記などの借り換え費用と発生する税負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。